ドアスイングの根本的な原因と改善方法

野球
スポンサーリンク

ドアスイングとはどんなスイング?

野球におけるドアスイングとは悪いスイングの代表みたいなものです。

ドアスイングと言うくらいですから、スイングを『ドア(door)』に例えているのが特徴です。

一般的にドアを例えて説明されるのは、以下のようなスイングです。

文章で説明すると以下のようになります。

手とバットが伸びきった状態でスイングすること

このスイングは腕が伸びきってスイングするので、一枚のドアのようになっており『ドアスイング』で間違いありません。

しかし、昨日今日野球を始めた人ならともかく、それなりに経験を積んだ選手はこのようなバットの振り方はしません。

ですので、こういったスイングをドアスイングと定義するのは安易すぎます

 

では、どんなスイングがドアスイングかと言うと、以下のようなスイングのことを指します。

 

ドアスイングの特徴

 肩の開きと平行してバットを振る

 

左打者が右肩を開くと同時にバットをスイングすると、一枚のドアに収まるような形になってしまいます(下図)。

 

 

ドアスイングが悪い理由

ドアスイングはなぜいけないんでしょうか?

それは、バットのタメが無い状態で振っているからです。

ドアスイングは、バックスイングで捕手方向に捻った体を戻すと同時にバットを出しています。

それでは体の捻り戻しによる力は作用せず、ただ『体を回して』バットを振っているだけです。

これでは、強い打球が打てません。

 

ドアスイングになってしまう根本的な原因

ドアスイングになってしまう根本的な原因は、バックスイングを終えてからバットを振り出すまでの『間』が作れていないことです。

以前の記事(バッティングにおけるタイミングの合わせ方と効果的な練習方法)に詳しく書きましたが、バッティングの間が作れないと、投手が投げるボールにタイミングを合わせることが難しくなります。

 

バッティングでタイミングを取るポイントは3つ!絶対に構え遅れてはいけない理由とは?
バッティングではタイミングを取るポイントが3つあります。この記事では、どんなポイントでタイミングを取るべきか、そしてタイミングの取り方を解説しています。

 

間が取れないと・・・

①『間』が取れていないので、緩いボールが来てもバットを振り出してしまう。

② 空振りを避けるため、前足の膝を折ってボールと体の距離を縮めようとする。

(いわゆる、『壁を崩す』行為であり、スウェーしている状態)

③ さらに手首を返し、バットの先端で何とかボールに当てようとする。

④ 何とかボールに当てても、ボテボテの打球しか飛ばない。

 

③の状態は典型的なドアスイングの症状ですね。

しかし、③のような状態は単なる『症状』であり、根本的な原因ではありません。

これを理解しないと、具体的な改善方法も見えてきませんし、いくら練習してもドアスイングは直りません。

 

ドアススイングを改善する方法

ドアスイングを改善するには、バッティングの間が取れるようになることです。

バッティングの間を取れるようにするには、ステップしたときにトップを崩さずに維持する必要があります。

そうすれば自然にインサイドアウトスイングになるのです。

一連の流れを説明します。

 

インサイドアウトスイングの流れ

① 右打者なら右足、左打者なら左足を軸にして、バックスイングを行いトップを作る。

    このとき前足(右打者なら左足、左打者なら右足)をステップする。

② トップの状態を維持しながら、ステップした前足を地面に着地させる。

③ トップで作った腰の捻じれを解き、フォワードスイングを開始する。

④ 腰の捻じれを解いてもトップの状態は可能な限り維持する。

図参照

⑤ 先行した腰の捻り戻しに続き、前肩、前腕は自然に出てくる。

⑥ インパクトの瞬間に後ろ腕によりバットを押し出す。

⑦ フォロースルーで自然に手首が返る。

 

 

上図を見てもらえれば分かるとおり、左打者の前腕(右腕)は伸びきっています。

そしてバットのヘッドは極限まで溜められているのです。

よくプロのバッターが、こんな表現をすることがあります。

スイングするとき腕にほとんど力を入れていない。

腕に力を入れるのはインパクトの瞬間だけだ。

これは、腕に力を込めて振り出すのではなく、腰を捻転させることにより腕が自然に出てくることを意味しています。

だからこそ上図のようなインサイドアウトスイングが可能になるのです。

 

間違ったドアスイングの直し方

ドアスイングが悪いスイングだという考え方に異論を唱える人は少ないですが、ドアスイングに対する考え方は色々あるようです。

多い意見としては、

ドアスイングは、バットが遠回りする打ち方だからダメ

ですかね。

 

そういう人は改善する方法として、決まってこう言います。

・バットを最短距離で出す

・ヘッドが一直線の軌道になるように振れ

 

はっきり言いますが、こういった考え方は間違っています!

 

なぜならスイングの起動力となるのは下半身なのに、腕から振ると言っているようなものですからね。

 

バットを最短距離で出してもドアスイングになる

 

上図はバットを最短距離で出しています。

でも、溜めの無い悪いスイングなんですよね。

腰を回して、肩を開くと同時にバットを振り出しています。それも腕の力を使って。

残念ながら、この打ち方ではタイミングを合わせ辛くなりますし、打っても打球が飛びません。

 

しかしながら、このようなスイングを良しとする無知な指導者は非常に多いんです

 

こういう人は『インサイドアウトスイングが良いスイング』と考えているんでしょうが、そこが間違っているんです。

インサイドアウトスイング自体が良いんじゃなくて、

溜めのあるスイングの結果、インサイドアウトスイングになる

のです。

同じようで全然違います。

 

ドアスイングになってしまう練習

昔からインサイドアウトスイングを習得させようと、壁やフェンスの近くで素振りをする練習があります。

壁やフェンスにバットが当たらないように振るのですが、上図のような振りをする選手が非常に多いのです。

バットを最短距離で出すには、腕から始動させる方が楽ですからね。

しかし、こんな振り方で練習してもドアスイングは直りません

逆に、一層ドアスイングになってしまいます。

こんなスイングで練習しても、バッティングが上達しないのは当たり前です。

断っておきますが、これは練習方法が悪いわけではありません。

ドアスイングの本質を理解していないから起こることなのです。

 

最後に

冒頭の図のように『手とバットが伸びきった状態でスイング』の場合、確かにバットの軌道が大きくなりスイングスピードは落ちます。

でも、それは慣性モーメントが大きくなっていることが原因です。

解決するにはトップの段階でバットのヘッドを投手に向け、慣性モーメントを小さくして、体にバットを巻きつけるように振ればよいのです。

それを、『最短距離でバットを出せ』とか『ヘッドを一直線の軌道に振れ』なんて言っても意味はなく、的外れなアドバイスなのです。

慣性モーメントとトップの作り方は、

バッティングで打球を遠くに飛ばすコツ①~トップの重要性~

に詳しく書いてありますので、興味ある方はご覧下さい。

バッティングで打球を遠くに飛ばすコツ①~トップの重要性~
バッティングにおいて「トップ」は重要な動作の一つです。なぜ、トップが重要なのでしょうか?この記事では、トップの重要性とトップの作り方が、打球の強さにどのような影響を及ぼすか説明しています。

 

インサイドアウトスイングは打者にとって習得すべきスイングですが、重要なのは溜めのあるスイングが出来て、その結果インサイドアウトスイングになるということです。

インサイドアウトスイングなら何でも良い訳ではありませんので、ご注意下さい。

 

★★★ お知らせ ★★★

 

いつもご愛読ありがとうございます。ブログ管理人のryoです。

 

この度、新しく野球関連に特化したブログ「三球入魂」を立ち上げました。

三球入魂
圧倒的な野球力をつけるために!

このブログは雑多ブログ故にごちゃごちゃしている感も否めず、それを解消するために野球特化型ブログを立ち上げた次第です。

 

このブログ同様、新ブログの方もよろしくお願いします!