イップス発症編

野球
スポンサーリンク

イップスとは?

イップスとは、

精神的な原因などにより運動動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害

のことです。

例えば、高い技術があるプロゴルファーが、素人でも簡単に入れられる、簡単な短いパットを入れられなくなる症状です。

私は高校球児のときにイップスになりました。

当時は『イップス』なんて言葉は知らなかったので、自分の変化に戸惑いました。

 

突然襲ってきたイップス

私は高校時代はキャッチャーをやっていました(詳しくは『私と野球』に書いたとおりです)。

高校1年の夏にセンターからのコンバートでキャッチャーになりました。

そして、キャッチャーになり1年たった、高校2年の夏休みにイップスになりました。

 

雨の降る練習試合の出来事

私は突然、ボールが投げられなくなりました。

投げられないとは物理的に投げられない訳じゃなく、思った所へボールが投げられないという意味です。

今でも鮮明にその日のことを覚えています。

 

夏休み中の練習試合でした。

小雨から強い雨に変わってきたところです。

試合も終盤でした。

雨が降っているので、ピッチャーの投球がワンバウンドになるとボールは当然汚れます。

ですので、キャッチャーが手やズボンでボールを拭いてから、ピッチャーに返球します。

そんな中、ある返球時に指が引っかかってしまい、返球がワンバウンドになってしまいました

コラー!何やってるんだ!!!

とベンチの監督から怒号が。

 

でも、怒られてもしかたがないプレーです。

折角拭いたボールは再び汚れ、ピッチャーが拭く羽目になりますので。

私は以後、気をつけるように心がけました。

 

それも、絶対に文句をつけられないレベルに

 

完璧な返球を目指す

それまで、私はピッチャーの胸を目掛けて返球するよう心がけていました。

しかし、先程のプレーをきっかけに更に完璧な返球を目指しました。

私のチームのユニフォームは、胸辺りに○×高校と漢字で刺繍がしてあったのですが、その中でも『高』の部分を狙うことにしたんです。

体の部位で言えば、投手の右胸に当たります。

 

しかし何球か返球するうちに、なかなか『高』の部分に投げられていないことに気付きました。

その付近には投げられるのですが、ピンポイントに投げられない。

そうこうしていると徐々に『高』どころか、大きく外れるようになってきました。

違和感を感じながらプレーを続け、その試合は終りました。

この試合ではイップスの症状は出ませんでした。

ただ、この出来事が徐々に私のスローイングを蝕んでいきます。

 

次の試合でイップスの症状が表面化

その後の、練習も特に変わったところは無かったんです。

あの違和感は何だったんだ?

という感じでした。

そして次の練習試合で影を潜めていた『イップス』が表れます。

そういえば、前の試合で変な違和感があったなぁ

試合が始まると、すぐ前の試合で感じた違和感を思い出しました。

そして、

今日はしっかり狙った所へ返球できるかな?

と考え始めます。

 

そんな風に考えているうちに、前の試合でピッチャーへの返球が暴投になったことが脳裏をよぎります。

そのことをイメージしたら、頭から離れない。

次には体が硬直して、自分の体と腕や手が別々の意思を持っている異様な感覚になりました。

そうすると、普段のプレーでは考えられないスローイングになるのです。

・ピッチャーの遥か頭上への暴投

 

・指が引っかかってショートまでゴロになるような暴投

こんな、とんでもない返球をやってしまうようになってしまったのです。

 

自分の状態が理解できない

とんでもない暴投を繰り返す私に対し、ベンチにいる監督は当然怒っています。

どうしようもない状況になり、私は混乱しました。

でも対処できない

何か体に異変があるんじゃないかと思ったほどです。

 

そんな中、不思議だったことがありました。

ボール回しの際、ファーストやサードへのスローイング、盗塁を刺そうと二塁へのスローイングは至って普段通り体が動くのです

ますます、訳がわかりません・・・

 

なぜピッチャーへの返球だけ、体が硬直するのか?

 

以後、守備の能力向上なんかより、正体不明な敵である『イップス』と戦うことになります。

続きは次回(イップス苦悩編)に書きたいと思います。

イップス苦悩編
イップスに陥ってから、症状は悪化する一方でした。投げ辛い場面が明らかに増え、次第に野球そのものが嫌いになっていきました。そして、自分の高校野球はイップスを改善出来ぬまま終わりを告げます。