FXで月100万円稼ぐにはどのくらいの成績とロットが必要か?

FX 関連
スポンサーリンク

100万円稼ぐために必要なロットとpips

FXで月に100万円を稼ぐには、どれくらいの成績を残せばよいか分かりますか?

計算し易いようにドル円を例に挙げて説明しますね。

実際に利益になるのは取引数量(ロット)と獲得したpipsで変わります。

1ロット=10,000通貨とします。

1ロット、1pipsで100円。

10ロット、1pipsで1000円。

こんな感じで計算すると以下のようになります。

pips1ロット10ロット100ロット500ロット
1100円1,000円10,000円50,000円
101,000円10,000円100,000円500,000円
202,000円20,000円200,000円100万円
10010,000円100,000円100万円500万円
50050,000円500,000円500万円2,500万円
1000100,000円100万円1,000万円5,000万円

 

月100万円を稼ぐために必要な獲得pipsは・・・

・1ロットであれば、10000pips。

・5ロットであれば、5000pips。

・10ロットであれば、1000pips。

・50ロットであれば、200pips。

・100ロットであれば、100pips。

・500ロットであれば、20pips。

・1000ロットであれば、10pips。

 

こうやってみると、さすがに1ロット10000pipsは無理がありますね。と言うか、そんなに勝てるなら絶対ロットを増やすでしょ(笑)

1000ロット10pipsも見ただけで危険すぎますね。そもそも、1回で発注できる取引量はFX会社で違いがあれど、1000ロット発注できる会社は稀ですし。

現実的なところは、10ロット~数百ロットって感じでしょうね。

 

取引数量と必要証拠金額

取引数量と必要証拠金額についてまとめます。計算が楽なので、1ドル=100円とします。

レバレッジは最大25倍なので、1ロット=10000通貨を取引するために必要な証拠金額は

100円(為替レート)× 10000(通貨) ÷ 25 = 40,000円

となります。

 

各ロットに必要な証拠金額(1ドル100円の場合)は・・・

・10ロットで、400,000円。

・50ロットで、2,000,000円。

・100ロットで、4,000,000円。

・500ロットで、20,000,000円。

注意が必要なのは、為替レートによって必要な証拠金額は増減することですね。

また、上記は『最低』必要証拠金の額ですので、実際はドローダウンを考慮し、もっと余裕をもった金額が必要になるでしょう。

 

ドローダウンを考慮した必要な証拠金額

バルサラの破産確率を利用する

次は、ドローダウンをはじめとする『リスク』を考慮した必要証拠金額を計算してみます。

トレード手法やトレード成績は様々でしょうから、ある程度絞って考えます。ここはバルサラの破産確率を用いて算出します。

バルサラの破産確率とは、ある投資方法を続けたときに、破産する確率を表すものです。

バルサラの破産確率を細かく計算したものは、この記事『バルサラの破産確率とFXのトレードリスク』にまとめていますので、興味ある方はご覧ください。

バルサラの破産確率とFXのトレードリスク
バルサラの破産確率とは、ある投資方法を続けたときに破産する確率を表すものです。勝率・損益率・運用金額に対する最大損失の割合が分かれば算出できます。ここでは、細かいバルサラの破産確率表を公開しています。

 

バルサラの破産確率に必要なパラメータは、以下の通りです。

・勝率

・損益率(ペイオフレシオ)

・運用金額に対する最大損失の割合

① 勝率

勝率はざっくりと50%として計算します。

② 損益率(ペイオフレシオ)

損益率は2.0と1.5の2通りで計算します。

※損益率が2.0とは、平均利益2,000円、平均損失1,000円の場合です。

※損益率が1.5とは、平均利益1,500円、平均損失1,000円の場合です。

もちろん、取り扱うロットが大きく、平均利益200,000円、平均損失100,000円でも損益率は2.0です。

 

③運用金額に対する最大損失の割合

大まかに1%、5%、10%で計算します。

運用資金が100万円、1トレードにおける許容損切り額が1万円の場合が1%となります。

< 参考 >

運用資金が100万円、1ロットなら、1トレードで100pipsのマイナスがありうる場合は1%。

運用資金が100万円、10ロットなら、1トレードで10pipsのマイナスがありうる場合も1%。

計算結果

結果は以下の通りになります。

・勝率50%のバルサラの破産確率

運用金額に対する損益率1.5損益率2.0
最大損失の割合
1%0%0%
5%0.14%0.01%
10%3.73%0.81%

この結果から、勝率50%、損益率1.5、運用金額に対する最大損失の割合が10%の場合、算出した破産確率が3.73%になります。

一般的にバルサラの破産確率は1%以内に抑えるべきとされていますので、この場合はアウトです。

それ以外は問題なさそうですね。

 

破産確率がまぁまぁだった損益率1.5、運用金額に対する最大損失の割合が5%を例に挙げて、必要な証拠金額を計算してみます。

損益率1.5、運用金額に対する最大損失の割合が5%の必要最低証拠金額

ロット10の場合、最低必要証拠金額は400,000円でしたね。

ただし、これはドル円の為替レートが100円の場合。これ以上円安が進めば、最低必要証拠金額は増えてしまいます。

取り合えず、最大想定レートを1ドル150円に設定します(当分到達しないでしょうから)。この時点で、最低必要証拠金額は600,000円になりました。

 

次に最大ドローダウンを考えます。

これは手法により様々だと思いますが、取り合えず200pipsくらいを想定することにします。

10ロットで200pipsやられると、マイナス20万円です。こんな状況が起こっても、ドル円が150円で10ロット維持するためには、800,0000円必要になります。

 

最後に、運用金額に対する最大損失の割合が5%という部分です。

運用資金800,000円に対する5%は40,000円です。10ロットで40,000円の損失は、マイナス40pipsです。

すなわち、10ロット、運用資金800,000円で、運用金額に対する最大損失の割合が5%以下にするためには、1トレードあたり最大40pipsの損失に抑えることが必要です。

 

安全に月100万円稼ぐために必要なロットとpips

先ほど計算した結果を踏まえ、比較的安全に月100万円稼ぐために必要なロットとpipsをまとめます。

ロット10の場合

ロット10で月100万円稼ごうとすると、以下のような成績が必要になります。

・勝率 50%

・損益率 1.5

・運用金額に対する最大損失の割合が5%(1トレードあたり最大-40pips)

・最大ドローダウン 200pips

・必要証拠金額 800,000円

・月間獲得pips 1,000 pips

すなわち、1トレードで絶対に40pips以上の損失を出さず、それでいて月間1000pips以上獲得しなくては、月100万円の利益をあげることができません。

10ロットだと結構ハードルが高いですね。

ロット50の場合

ロット10で月100万円稼ごうとすると、以下のような成績が必要になります。

・勝率 50%

・損益率 1.5・運用金額に対する最大損失の割合が5%(1トレードあたり最大-40pips)

・最大ドローダウン 200pips

・必要証拠金額 4,000,000円

・月間獲得pips 200 pips

10ロットに比べて、かなりハードルが下がりました。

これなら簡単そうに感じるでしょ?

・100ロットの場合

ロット50で月100万円稼ごうとすると、以下のような成績が必要になります。

・勝率 50%

・損益率 1.5

・運用金額に対する最大損失の割合が5%(1トレードあたり最大-40pips)

・最大ドローダウン 200pips

・必要証拠金額 8,000,000円

・月間獲得pips 100 pips

さらにハードルが下がりました。

実際は、月間100pips獲得するのが目的で、最大ドローダウンが200pipsはアンバランスですけどね。

ですので、もっとリスクは下げられる余地がありますから、さらに難易度は低くなるでしょう。

 

資産が多いほど有利なのは明らかだが注意も必要

これまでの結果より、資産がより多いほうが楽に稼ぐことができることが分かると思います。

楽に稼ぐとは、リスクを低下させて稼げることと同じです。

やっぱり資産が多ければ多いほど有利ですね~

 

ただ注意しなくてはいけない点もあります。

利益を挙げていくと稼ぐ利益を増やすために多くの人はロットを増やしますよね。

このとき、ロットを増やしたことにより普段のトレードができなくなる人がいます。

利確したときの利益も大きくなりますが、同時に損切りしたときの損失額も大きくなりますからね。

 

当初は勝率50%、損益1.5、運用金額に対する最大損失の割合が5%の成績で問題ないと思っていたとします。

でも、ロットを増やしたせいで、勝率40%、損益1.3、運用金額に対する最大損失の割合が5%の成績に落ちたとします。

その場合、バルサラの破産確率は0.14%から100%に跳ね上がります!

これまでのパフォーマンスを維持できなければ、すぐに地獄に落とされることだってあるんですよね。

 

最後に、今回の内容はコンスタントに利益をあげている場合が前提です。

コンスタントに勝てない人は、やればやるほど資産が減りますので、出来るだけロットを下げて練習することをおススメします。