野球部 笑い話

野球

学生時代の野球部で体験した、ちょっとした笑い話です。

あまり面白くないかもしれませんが、気軽に読んでもらえば幸いです。

※全て実話です。

 

スポンサーリンク

監督の弁当を破棄した結末

 

高校の野球部の監督は怖い人でした。夏休みは毎日練習。朝から晩まで。

夏休みの、ある暑い日の出来事です。

その日は練習試合、それもダブルヘッダーでした。午前1試合、午後1試合です。

 

私の野球部にあるしきたりがありました。それは、『監督の弁当を食べること』です。

選手はみんな、弁当を持ってくるのですが、監督も同じです。でも、監督は奥さんが作ってくれた愛妻弁当を食べずに、外へ食べに行くんですよ。

そして、その弁当を選手に食べさせるんです。

暑さに加え、野球漬けなので、自分の弁当を食べることで精一杯ですが、監督の命令には逆らえません。だから、みんなで分担して頂くのですが、ある問題があったんです。

 

それは、『まずい!!』ことです。

 

弁当の内容は、変わったおかずなど無く、ごく普通のものなのですが、なぜかまずいんです

それだけではありません。いつもセットでお味噌汁もついてくるのですが、これも味付けが変。

しかも、冷めているから塩気が増して、絶妙なまずさを演出しているのです

それに耐え続けていた我々は、この日に反旗をひるがえしたのです。

 

我々がとった行動は、

バックネット裏の土の中に埋める

でした。

 

お弁当には罪はないけど、我々にも我慢の限界がある。

スコップを持ち出し、穴を堀り、中身を埋めました。

そして、いつものように空になった弁当箱を水洗いし、外食から帰ってきた監督にお返ししました。

 

そうして、いつもの1日が終るはずでした・・・

午後から、2試合目が始まり、試合も中盤を迎えたところで、バックネット裏に異変が。

 

そう、『カラス』が集まりだしたんです!

 

守備についていた我々は、試合どころではありません。

でも、駆けつけて追っ払う訳にもいかず、戦況を見守るのみです。

徐々に増えるカラスたち。

 

『もう、止めてくれ!!!』

 

我々の願いも空しく、カラスはお宝を掘り当てていました。どうせなら、綺麗に持って行ってくれれば良いものの、出来の悪いカラスが鮭をセンター前に落とし、試合は中断。

散々でした。その日の記憶は、そこからありません・・・

 

センターの足元を狙う?

 

ある練習試合の出来事。

相手投手にてこずり、なかなか得点をあげられず、あるイニングの攻撃前に円陣を組み、監督から檄が。

 

監督:『センターの足元を狙え、分かったな!!!』
選手:『えっ?』
監督:『返事はどうした!!!』
選手:『ハイ!!!!!』

 

ベンチ裏でヒソヒソと話ました。

『センターの足元を狙うのって難しいよな?』
『かなり遠いしな・・・』

怖い監督に、『センターでなく、ピッチャーの足元ですよね?』と聞ける者はいませんでした・・・

 

延長戦の結末は拳で決めた!

 

中学時代、ある大会での出来事。

その日は投手が踏ん張り、延長戦へ。なかなか勝敗は決まりません。

野球の大会って、大会ごとや地方によってローカルルールがあるんですよね。

私は大会規定を確認しました。

 

そうすると・・・

延長○回で勝敗が決まらない場合は、により勝敗を決める

と書いてあったんです。

 

拳!?

 

今度はプレイボールでなく、ゴングが鳴り、戦うのか?

私はキャプテンだったので不安になります。

キャプテン同士によるシングルマッチなのか、9人による団体戦なのか・・・

 

結果は・・・

何てこと無い『じゃんけん』だったのです。

 

拳=じゃんけん、なんて知りませんでした。

結果はポジションごとで先に5勝したチームが勝つ方式でした。我々は幸運にも勝利しました。

延長戦の結末は拳で決めたのです。

終わり