2018年2月トレード収支

FX 取引結果
スポンサーリンク

2018年2月のトレード収支

スキャルピング -2pips

その他 +26pips(Lotはスキャルピングの1/10以下)

※小数点以下は切り捨てています

 

スキャルピング

2月はプライベートで忙しく、バタバタと過ごしていたため月初に少しだけトレードしただけです。

確定申告も毎年早めにやろうと思っているのですが、予定通りいかずバタバタと終らせました。

 

1月に続き、ドル円がリスクオフになる局面がありましたが、全くチャンスはいかせませんでした。

まぁ、大きく負けた訳じゃないので気にしていませんが、今年一年微益・微損を繰り返しそうで心配はしています。

 

その他

レンジブレイク、ネックラインのブレイクのトレード結果です。

こちらも月初のみトレードしましたが、プラスに終りました。

 

しかし内容はイマイチです。

エントリーはIFOでやりますが、決済に関しては裁量で損切りすることが多いのですが、今月は席を外さねばならない用事が多く、結果的にOCOで損切りになるパターンが多くありました。

もちろんエントリーしない選択肢もあるのですが、数少ないチャンスをものに出来ないのも悔しいので、難しい所です。

 

3月の展望

基本的な主要通貨に対する考えは、先月から変わっていません。

 

 → 金融緩和継続(正常化への道のりは遠い)

ドル → 一部引き締め(利上げペースが焦点)

ユーロ → 徐々に引き締め(正常化に一番近い)

 

ドル円が下がる場合は勢い(ボラティリティ)を期待できると思いますが、今月はどうなんでしょうね?

ドル円はある程度下げてしまいましたから、ちょっとしたインパクトのある出来事やニュースが必要だと感じています。

逆に金融政策通り、円に対するドルの上昇が進むなら、勢い(ボラティリティ)はあまり期待できないと思います。

ドル円が105円を割ってくる展開になるとチャンスはあると思いますが、どうなりますかね。