【2019年10月トレード収支】FX業者がスプレッドを下げている現実・・・

FX 取引結果
スポンサーリンク

2019年10月のトレード収支

  • スキャルピング 0pips(ノートレード)
  • その他 0pips(ノートレード)(Lotはスキャルピングの1/10以下)

※小数点以下は切り捨てています

スキャルピング

ノートレードです。

その他

ノートレードです。

 

10月の振返り

10月のドル円は、予想通りあまり動きませんでした。

大局的な相場感は合っているものの、それが利益に結びつかないのはもどかしいですね。まぁ、それが実力だと言われれば、その通りなのですが。

最近、軒並みFX業者がスプレッドを下げています。サービス強化と言えば聞こえはいいですが、なんか、現在の相場環境を物語っているように感じません?

やっぱりボラティリティが低いとFX業界も下火なのかな?と感じます・・・

 

定期的に他人様が運営しているFXブログなども見るのですが、苦戦されている人も多いように感じます。

トレーダーとして利益が少なくなるだけでなく、トレード回数の減少に伴う ”ネタ不足” に陥り、記事更新が滞ったり、有益な情報を発信しづらくなるのは何より痛いですからね。

もちろん、このような相場環境を得意にしているトレーダーも沢山いると思いますが・・・

 

11月の展望

FRB(米連邦準備理事会)が政策金利を0.25%引き下げ、1.50%~1.75%としました。これで3会合連続の利下げになりました。

中国との貿易戦争による、企業の先行き不安が強まっていることに対する『予防策』としての利下げです。

このことにより、緩和状態にあるユーロと円に対しギャップが少なくなり、これまで以上にトレンドを作る要因が減りますので、スキャルピングのチャンスは減るでしょうね。