2017年4月トレード収支

FX 取引結果
スポンサーリンク

2017年4月のトレード収支

スキャルピング +2pips

その他 +182pips(Lotはスキャルピングの1/10以下)

※小数点以下は切り捨てています

 

まだまだ落ち着かなかった4月

真ん中の子供が小学校入学、一番下の子供が幼稚園入園したことで4月上旬~中旬は落ち着かない日々を過ごしていました。

色々、必要書類を書いたり、足りなかった必要品を買ったり、お迎えが必要だったりしたので、バタバタした日々が続きました。

中旬以降は落ち着いてきたので、少しずつトレードを再開しました。

 

スキャルピング

おそらくスキャルピングをメインにトレードするようになって、最低のトレード数だったと思います。

4月は合計6トレードしかやっていません。

バタバタした日々を過ごしていた影響もありますが、本格的にトレードを再開した4月下旬からは自分なりのエントリーチャンスはほとんどありませんでした。

まぁ、トレード数が多ければ勝てるわけじゃないんで割り切っていますが、これからもあまり動かない相場が続くようなら参りますね。

 

その他

レンジブレイク、ネックラインのブレイクのトレード結果です。

こちらは数少ないチャンスを上手くものにしたトレードが多かったです。

基本的に朝一にチャート、レートチェックをして、チャンスだと思ったらIFOを入れておくので、今月は結果的に上手くいきました。

今月はUSD/JPY、EUR/USD、GBP/USDでトレードしましたが、どれもプラスに終ってホッとしています。

このトレードに関してはLotを落としてトレードしているので、収支的には影響は少ないですが、『スキャルで入れないときのはけ口』としては大きい意味を持っているんですよね。

別にポジポジ病ではないのですが、あまりトレードできない相場続くと辛くなるときがあります。

特にスキャルピングはドル円だけがトレード対象通貨なので、動かない相場が続くことは大いに有りうります。

それに対し、レンジブレイク、ネックラインのブレイクのトレードは、色々な通貨を対象としていますので、その分チャンスが多いです。

まぁ、逆に言えば損失機会も多いとも言えますので、自分次第ですね。

それでも、スキャルピングで黙っているしかない状況が続いても、じっと我慢できるのは別のトレードが出来る面も大きいと思っています。

 

5月の展望

先月同様、国際政治のリスクが相場にあたえる影響が大きそうです。

ただ、長期的に為替に影響を与えるものではなく、突発的な動きに注意すべきという意味合いが強いと思っています。

 

ドル円に関しては、3月に比べれば4月は動いた方ですかね。

特に下方向にある程度動いてくれましたが、徐々に戻ってきています。

2017年に入ってからは下落基調ですが、本格的に上昇するのでしょうか?

 

個人的にはすんなり120円を目指す展開になる可能性は低く、もう一段下がるイメージを持っています。

まぁ、特に根拠はありませんし、週足、月足をみると上昇しそうな形に見えますので、何とも言えないところではありますが・・・