【2020年1月トレード収支】これまで1月は必ずプラス収支だった私。しかし今年は・・・

2020年
スポンサーリンク

2020年1月のトレード収支

  • スキャルピング 0pips(ノートレード)
  • その他 0pips(ノートレード)(Lotはスキャルピングの1/10以下)

※小数点以下は切り捨てています

スキャルピング

ノートレードです。

その他

ノートレードです。

 

1月の振返り

12月に襲った強烈な腰痛も和らぎ、もう普通にPC前に長時間座っていられるようになりました。ただ、右太もものしびれは未だ残っていまして、何となく不快な感じはあります。

そんな不快な感じを吹き飛ばすようなロケットスタートを切りたかった2020年ですが、ドル円は大きな動意もなくノートレードに終りました。スキャルピングをやるようになってから1月にノートレードだったのは初めてです・・・

全くスキャルピングをやるタイミングが無かったわけではありませんが、リスクとリターンを考えて見送ることが数回あったくらいです。今年に限らず、毎年1月は慎重になるんですよね。1月からマイナスを溜め込んでしまうと、それを取り返そうとする気持ちが強くなるので、それが嫌なんですよ。

別にそんなことを意識していた訳じゃないんですが、何となくリスクを避けようというリスクが本能的に働いたかもしれません。そもそもスキャルピングって強い動意に乗ることが鉄則ですので、チャートを見た瞬間『これだ!』と感じるくらいではないとダメなんですよ。

『この動きでいけるかな~』と迷った場合、大抵グダグダした展開に付き合わされることが多く、結果的にたいした利益を残せないことが多いです(経験的に)。

 

2020年2月の展望

新型コロナウイルスが猛威を振るっている現在、『新型コロナウイルスが為替に及ぼす影響は~』なんて言っている場合ではありませんね。日本でも感染者が出て、ヒトヒト感染が確認された今、もはや他人事ではありませんからね。

我々ができることは感染予防くらいですが、肝心のマスクが品切れ状態になっており困っている人も多いのではないでしょうか?

うちの場合、冬になると外出時は必ずマスクを着けますので(子供も)ある程度の買い置きがあるのですが、何ヶ月もストックがある訳ではありませんので心配しています。『感染予防としてマスクの効果は限定的~』なんて言う専門家が多いですが、『マスクを着けないより着けた方がマシ』とも言えますし、自分が感染しているかどうか分からないケースが圧倒的に多い今、移さないエチケットとしても必須アイテムでしょう。

 

同時に政府・行政に対して国民の不満が溜まっています。何もかもが後手後手な印象が強く、適切なタイミングを逸していると感じますね。WHOなんか中国に首根っこ掴まれている状態ですので、もはや機能しているとは言えませんし。

本来なら、野党がこういった国民の不満を代弁することで存在価値を高めることができると思うのですが、『刻々変化する状況で政府が対応しており、我々がいろんなことを表で申し上げるべきでない』なんてアホなことを言っている始末。

こういった局面で意思を表明できないなら肯定しているのも同じ。後になって『あのときの対処は間違っていたのでは!?』なんて結果論で問い詰めるやり方は誰の得にもならないし、そのような国会議員に価値なんてないと思いますがね。

いずれにしても、簡単・短時間で検査可能なキットや、効果的な特効薬が開発されるまで、我々ができることは感染予防だけですので根気よく頑張るしかありませんね。