2017年3月トレード収支

FX 取引結果
スポンサーリンク

2017年3月のトレード収支

スキャルピング +1pips

その他 -59pips(Lotはスキャルピングの1/10以下)

※小数点以下は切り捨てています

 

特別な3月

今年の3月は特別な月でした。

真ん中の子供が小学校入学、一番下の子供が幼稚園入園を控えていた関係で、そのための準備で忙しい日々を過ごしていました。

学用品の準備が色々大変でしたが、中でも『算数セット』の名前付けが特に大変でした。

一番上の子のときに体験していたので、そんなに大変だと思っていなかったんですが、ひとつ誤算がありました。

 

算数セットは新規で購入せず、一番上の子供のお下がりです。

名前シールを貼るのですが、上の子の名前シールを剥がす作業があるんです。

全部が剥がす必要は無いのですが、重ねて使うカード類は剥がす必要があるんですよね。

最初は気付かずに、上からシールを貼っていたのですが、張り終えるとシールの厚みで、もっこりしてしてしまいました。

あまりに不自然なので、全て剥がして貼り直しましたが、これが結構大変でした。

 

後は、入学入園に向けて色々買い揃えなくてはいけない物も多いので、日々バタバタしていました。

私の確定申告も今年はギリギリになってしまったので、余計にバタバタした感じです。

もう少し早めに取り掛からなくてはいけなかったと反省しています・・・

 

スキャルピング

3月はバタバタしていたので、ほとんどやっていません。

数トレードこなした結果、ほぼプラマイゼロなので、意味の無いトレードだったかもしれません。

 

ただ、チャートのチェックはしていましたが、私が好む動きは少なかったですね。

それに加えて、3月のドル円の動きは円でなくドル主体の動きだったと思いますので、動いてもNY時間で、東京時間はダラダラした動きが多かったです。

しっかりとPCと向き合っても、結局あまり入る場面は多くなかったと思っています。

 

その他

レンジブレイク、ネックラインのブレイクのトレード結果です。

基本的にダメダメでした。

どちらかと言うとドル円は下目線でした。

ただ動くのはNY時間だけで、東京時間になるとグダグダした展開になることが多かったです。

 

私がイメージしていたのは、『東京時間にNY時間の下値を割って、それなりに強い下落』でしたが、そんなことは少なかったです。

全てIFOで取引しましたが、グダグダした展開にまきこまれると、手動で損切りすることも多かったです。

後で振り返ると、早めの損切りが正解だったことが多かったです。

逆言えば、エントリーが不正解だったと言えますが。

 

4月の展望

4月の展望と言っても、これを書いているときはもう中旬です。

実際、ようやくバタバタした生活が落ち着いてきたので、これからじっくり考えたいと思っています。

ただ、今はどちらかと言うと政治的なリスク(朝鮮半島有事の可能性、イギリス総選挙)が相場に影響を与えていますね。

どちらも長期的に為替に影響を与えるものではないと思っていますが、突発的な動きには十分気をつける必要はありそうです。