チャイルドシートを助手席に設置すると危険

教育
スポンサーリンク

車はどこが一番安全?

車で出かけると、チャイルドシートを助手席につけて運転しているママさんを良く見かけます。

でも、これって結構危ないです。

子供が小さいほど親の顔が見れないと泣きじゃくりますから、チャイルドシートを助手席につける気持ちも分かります。

 

でも、私は絶対に助手席にチャイルドシートをつけません

理由は子供が大切だからです。

 

車はどこが一番安全なのでしょうか?

一般的に言われるのは『運転席側の後部座席』です。

そもそも、前席に比べて後ろの席の方が安全性が高い。

 

それに加えて、いざ事故が起きる瞬間、ドライバーは事故を回避しようとハンドルを切りますので、助手席側に比べて運手席側の方が危険度は少なくなります。

 

逆に言うと、助手席が最も危険な場所と言えます。

 

それを知ってか知らずか助手席にチャイルドシートを設置する人が多いのは残念ですね。

まぁ安全性に対する考え方の違いもあるかもしれませんが。

 

安全な運転技術

私が会社員時代は車通勤でしたが、通勤距離が長かったので、普通の人の数倍は走っていました。

私自身、車の運転は好きなので、それほど苦痛になりませんでしたが。

車の運転が好きと言っても、峠を走ったりする訳でもありませんし、余計な改造をするようなことはしません。

ただ、燃費の良い走り方や、安全な走り方には気をつけていましたし、それは今でも変わりません。

 

車の運転って性格が出るのか、結構個人差があります。

私は運転マナーはともかく、安全な運転が出来ないドライバーをみるとうんざりします

 

例えば、走行レーンを逸脱する車

 

直線は論外としても、緩やかなカーブでも見かけます。

車のスペックと速度が合っていないことを理解できず、かつ運転技術でカバーできていないケース。

ブラインドコーナーなのに走行レーンを逸脱する車など、何を考えているんでしょうね?

 

あと左折するときなどに、右に一旦振った後曲がる車

大きな車で、狭い路地に曲がるなら分かりますが、広い道路で左折する車が右側に振る必要なんてありません。

もう右に振るのが癖になっているんですね。

運転が上手とか下手とかは別にして、安全な運転なんて意識すれば誰でも出来るはずなんですが、それを怠っているとリスクが増すばかりです。

 

安全性に対する認識

以前、子供の習い事を見学しているとき、近くにいた他の子の母親と、そのママ友が車について話しているのが聞こえてきました。

その方達は車種にも詳しく、車が好きなのかな?と感じました。

ただ、その会話で恐ろしいことも言っていました。

 

母親A:去年新車を買ったんだけど、車って10年くらい使うから悩むよね~
母親B:私、同じ車に3年以上乗ったこと無いんだよね~
母親A:あっ!そう言えばそうだよね・・・(何かを思い出したかのように)
母親B:だって、いつも事故って車壊すから。新車はありえないよ。

 

私はかなり驚きました。

車を壊すほどの事故を2、3年おきに起こしているって、普段どんな運転しているのでしょうか?

出来れば公道を走って欲しくないですね。

自分だけならまだしも、他人に迷惑をかける可能性もありますからね。

 

母親B:私、初めて車を買って、その日の夕方に事故って廃車にしたからね~

 

武勇伝のように語っていましたが、本当に公道を走ってほしくありません

今まで命があってラッキーだったんじゃないでしょうか?

こんな人間も世の中にいるんですね。怖い怖い。

 

それと、会話の中に軽自動車とコンパクトカーの話をしていました。

ハッキリ言うと、コンパクトカーの存在意義が分からないそうです

しいて言えば、定員が4人か5人かの違いぐらいしかないと思っているようです。

税金が安い軽自動車を選ぶのが当たり前だと。

 

最初から『安全性』など気にしていないんですよね。

 

軽自動車は確かに維持費は安いですが、安全性を考えると疑問符がつきます。

少なくとも私は選択肢にありません。

 

軽自動車を否定するわけじゃありませんが、あの薄いドアを見た瞬間怖くなるんですよね。

確かに、衝突安全性能は昔に比べれば良いかもしれません。

でも、突っ込み所がある衝突安全性能だけでは安全性を判断出来ません。

 

命を預けるわけですから。

 

もちろん、燃費をはじめとするランニングコストに優れていることは認めます。

でも、軽く蹴っただけで、吹っ飛んで行きそうなドアを見るだけで、私はダメですね。

 

私は事故を起こしたことがありませんが、事故をもらったことが2回あります。

いずれも追突です。

ともに学生時代ですが、1回目の追突は相手が軽自動車でした。

私は普通車でしたが、ものすごい衝撃だったんです(あくまで私のイメージですが)。

かなり後ろがぐしゃぐしゃになっているんだろうなと思って見てみると、全然たいしたことが無いんです。後ろのバンパーがずれたくらい。

もちろん傷はついていますが、ぐしゃぐしゃには程遠かったです。

それに対し、追突した軽自動車はボンネットが三角形なって、走行不能な状態になっていました。これほど差が出るとは思いませんでしたね。

 

車の安全性は、車が大きく重いほど高くなります。これは当然ですね。

また高級車ほど、安全装備も増えますので、安全性は高くなるでしょう。

ただ、誰もが高級車を買える訳ではありませんし、コスト面から軽自動車を購入することは間違いではありません。

でも、安全性を全く気にしないのは頂けませんね。

 

安全性など考えず適当に車種を選んだり、子供を乗せる場所を都合よく決めて、事故が起きてから後悔しても遅いですから

 

これもリスク管理ですが、親なら考えておくべき事だと思っています。