教師の質は下がっているのか?

教育
スポンサーリンク

教師の『質』とは?

よくメディアに『教師の質が下がっている』という記事を目にかけます。本当なんでしょうか?

色々な考え方があるようですが、『教師の質』を客観的に評価する指標をあまり見かけません。

 

<低くなったと考える人>

・高度成長期やバブル期は公務員より民間企業の方が給料が高く、進んで教師=公務員になる人は、本当に先生になりたい人が多かった。

・今は先生になりたくてなっている訳じゃなく、公務員になりたい人が増えた。

・教員採用試験の競争率が下がり続けている(平成12年がピーク)。人材不足により質が低下するのは当たり前。

 

<高くなったと考える人>

・日々、教育に対しても研究が進んでいるので、昔よりも高くなるのは当たり前。

・懲戒処分を受けた人数は減少傾向にあり、質は高まっている。

 

このような意見が多いようですが、具体性に欠けるように思います。

 

結局『質』と言っても、大衆による客観的な評価が決め手になるのではないでしょうか?

 

特にニュースなどで報道される教師がらみの事件・事故は印象に残りやすいので、質の低下をイメージし易いかもしれませんが、『教師』というより『人間』の質の問題なような気もします。

私も小学生の子供がいるので分かるのですが、どうしても教師を『昔と今』で比べようとします。『昔=自分が子供の頃の先生』であり、『=自分の子供の先生』です。

また、自分の子供の先生は『親』としての評価ですから、『自分が子供の頃の先生』とは感じる角度が違います。

教師も『生徒の保護者』として接するので、自分が子供に感じた『先生』とは違いますしね。

いずれにしても、個人が体験したことと、報道などから感じる客観性で『質』が評価されるのでしょうね。

 

 現状はコンプライアンスに必死

私が自分の子供を通じて感じることは、『コンプライアンスに必死』ということです。

特に体罰に関してナーバスになっていると感じています。

もちろん、中学校や高校の教師でも違いはあると思いますが。

 

あとは、昔に比べて『変わった先生』が少なくなった気もしますね。

昔は沢山いたような気がします。

まぁ、これも親の立場だと学校にいつもいる訳じゃないので、感じ辛い面もあると思いますが。

 

私が中学生の頃に、とんでもない教師がいました。

その教師は野球部の副顧問だったのですが、体罰と言う名の暴力が酷く、みんなに恐れられていました。

当時は、体罰に寛容な時代でしたが、それでも常軌を逸していると感じていました。

ある日、部活が終ってグラウンド整備をやっていると、その教師がグラウンドに車で入ってきたんです。

そして内野と外野の中間辺りで、なんと『ドリフト』を始めたんです。

ドリフトを終えると車から出てきて『ちゃんと整備しとけよ!』と言い放って、帰って行きましたが、我々は唖然としました。

まぁ、今ならニュース沙汰になっているような気もしますが、当時でも異常だと思います。

中学生でもそう感じましたから。

 

人によって受けるイメージが違う

小学校で漢字のテストがあるんですが、採点する先生によって甘かったり、厳しかったりします。

以前、同じクラスの保護者と先生の採点の話題になったんですね。

その方は『この先生は採点が厳しいですね』とおっしゃいました。

私はちょっと驚きました。

私は『甘い』とは感じても、決して『厳しい』とは思っていませんでしたらから。

 

これは私の感覚が正しい、正しくないということではなく、保護者個々においても感じ方が違うということなんですよね。

まして『教育』となると、考え方が違うことも珍しくありませんので、教師に対する要求や客観的な評価も変わると思います。

 

『観察』出来ているとは感じない

いじめなどがニュースに取り上げられるたびに感じますが、おそらく子供の様子を『観察』出来ていないと思います。

子供の様子が変化したことを捉えられていない、正確に言えば感度が鈍いと。

 

何事もそうですが、変化を捉えるには『平常時』の観察が必要になりますので、結構大変なんです。

誰しもが感じる変化があってから『変化を感じた』と言っても遅いです。

少なくともプロじゃありませんね。

 

平常時の様子は、授業を受けているときの様子だけを見ていても足りません。

時には休憩時間や、昼休みに友達と遊んでいる時間の様子を観察することも必要です。

そういったことを積み重ねるからこそ、わずかな変化も気付ける感度は養われると思います。

 

それは親も同じで、日常生活における変化を感じるには、日頃から観察することが大事だと思っています。

普段の挨拶や食事の仕方でもかまいません。別に言葉だけがコミュニケーションじゃありません。

 

人と人が触れ合う機会が減ってきている現代において、教師に限らず『人を観察する能力』が低下しているのは間違いありません。

でも、少なくとも教師や親は子供を日頃から観察して、変化を感じる能力を高めなければいけないと思っています。