2018年6月トレード収支

FX 取引結果
スポンサーリンク

2018年6月のトレード収支

スキャルピング 0pips

その他 +29pips(Lotはスキャルピングの1/10以下)

※小数点以下は切り捨てています

 

スキャルピング

6月は7回トレードしましたが、0pipsと時間の無駄でしたね。

今年も半分が終りましたが、年末までこのペースで行きそうで怖いです。

ハッキリ言って、スキャルピングで月間トレード数が7回って、ほとんどチャンスがなくやっていないと同じですからね。

ボラティリティが高い相場環境であれば、月間トレード数が数百回におよぶこともあるのですが、何時になったらそんな相場環境が来るのか、想像出来なくなってきました(笑)

 

その他

レンジブレイク、ネックラインのブレイクのトレード結果です。

こちらは5トレード、2勝3敗で+29pipsに終りました。

今月トレードした通貨ペアはユロドル、ポンドドルのみ。

 

ユロドルとポンドドルともにショート目線で攻めました。

勝敗は負け越しましたが、なんとか損益プラスで終えられたのは良かったです。

 

7月の展望

6月のイベントを振り返りたいと思います。

まずは米朝首脳会談

大方の予想通り6月中に行われましたが、単なるパフォーマンスに過ぎませんでした。

為替相場もノイズのような動きがあっただけで、大勢には影響を与えませんでしたね。

 

次はFOMC

市場予想通り利上げされましたね。

これをうけてドルは上昇しましたが、予想通りだったためか、急騰することは無かったですね。

私は指標トレードを全くやらないのですが、指標後に為替相場が落ち着き、再度動意が出てきた場合はスキャルピングで狙います。

利上げ発表後は一応狙ってみましたが、あまり伸びてくれませんでした・・・

 

次はECB理事会

これも市場予想通り、金利据え置き・・・

までは良かったのですが、『2019年夏まで利上げを行わない』との声明で、ユーロは下落しました。

ユロドルは1.150でサポートされて、何とか下げ止まりました。

逆に言えば、1.150のサポートを割るような展開になれば、大きな動意が発生するかもしれません。

 

レンジブレイクのトレードは、ユロドル・ポンドドルのショート狙いですね。

ポンドドルは少し怖いので慎重にいきたいと思いますが、ユロドルは1.150割れを狙いたいと思います。

 

スキャルピングに関しては、まだまだ狙える相場環境にありませんね。

スキャルはドル円のみ対象にしていますが、現状は明らかにドル円上昇が基本基調です。

そうなると急騰する場面は起こり辛いので、ロングは狙えない。

突発的なネガティブニュースによる急落が一番利益を狙いやすいんですが、可能性は低いんでしょうね・・・