【注意!】マナーが悪い車に対するイライラ度ランキング

その他

ある日、直進&左折レーン右折レーンがある交差点で、見知らぬおばちゃんが運転する車にぶつかりそうになりました。

私が運転する車は交差点を直進するために直進・左折レーンを走行。おばちゃんは右折レーンで右折待ち。

私が直進したとき、おばちゃんの車が右折レーンをはみ出しながら左に大きく膨らんできて、ぶつかりそうになったんです。

 

私は急いでクラクションを鳴らして警告し、何とか接触は免れました。大きな交差点なのに関わらず、なんで膨らんで曲がろうとするんでしょうかね?

大型トラックでもあるまいし!

これは運転マナーと言うより、運転スキルに問題がありますが、運転マナーが悪い車を見るとイライラしますよね?

今回は私の独断と偏見で、マナーが悪い車に対するイライラ度をランキングにしてみました。

 

スポンサーリンク

第13位 譲ってあげたときのお礼

せっかく譲ってあげたのに、お礼の仕方が悪いドライバー

目も合わさず、片手を挙げるだけで

おう!ワリーな!

といった感じで。

少し会釈するだけで全然イメージが変わるのに・・・

普段、仕事で頭を下げることが多いから、プライベートくらいは頭を下げたくないんだろうなぁ。

 

第12位 発進が遅い

発進がいつもノロノロ。ハイブリッドカー乗りに多い。

ゆっくり加速することが『燃費を良くする秘訣』と勘違いしている典型的な例。逆効果なのにね。

いつもメインバッテリーが底をつき、停止しているときはいつも充電地獄。

口癖は、

ハイブッリドカーは言うほど燃費よくなんだよね~

残念だが、それは車のスペックを引き出せないアンタの乗り方が悪いせいだ!

開発・設計者ハ皆泣イテオルゾ。

 

第11位 右折待ちポジション

右折待ちのとき右に寄せない車。後続車は通り抜けられず、後ろは大渋滞。

少し寄るだけでも全然違うのに、あくまでマイペース。

と言うより、単純に対向車との接触が怖い臆病者

 

第10位 障がい者用駐車スペースに停める健常者

健常者なのに、障がい者用駐車スペースに堂々と停めるヤツ。

人からどう思われるのか考えていない強靭な心の持ち主。それか単純にバカなのか・・・

頭が悪いことは分かるが、それは障がいではない!

頭が悪くても、人に迷惑をかける行為はダメ、絶対に!

 

第9位 車間距離広すぎ

交通状況の流れに乗れず、いつも車間距離が広がってしまう車。

赤信号で前の車の追いついても、しばらくすると必ず車間距離は広がる。いつも車間距離が広いから、この車の前に横からどんどん入られる。

その度に、ブレーキを踏むので、後続車は非常に疲れる!そして大渋滞!

 

『車間距離をとることが安全運転だ』と勘違いしている人に多い。

残念ながら、安全運転とは間逆の存在であるトラブルメーカーになっていることすら気付いていない。

 

第8位 追い越し車線ノロノロ運転

高速道路に必ずいるバカ。自動車学校に再入学する必要有り。

普段、混まない場所で混んでいたら、交通事故かこんな車がいるかのどちらかだ。

渋滞に我慢できず、左から越す車もちらほら出てくる。

それでも、追い越し車線をノロノロ・・・

お・い・こ・し車線、を繰り返し3回読ませたい!

 

第7位 左折・右折で過剰に膨らむ

大型トラックの如く、過剰に膨らんで曲がる車。車のサイズを把握できていないことが理由。

そんな車に限って、ボディに無数の傷がある。

周囲の車に怖がられていることなどお構いなし。そもそも、そんなこと気付いていないかもしれない。

自分さえ良ければそれで良しの考えの持ち主。

普段からそうだから、プライベートや仕事でも人に迷惑をかけている。

 

第6位 加速して合流しない

高速に入るとき加速せずノロノロと合流する危険なドライバー。加速しないのは車のスペックではなく、アクセルを踏んでいないから。

スピードの出しすぎは危ないんだ。

と、呪文のように唱えている。残念ながら、この状況では全く逆で、スピードが出ていない方が危ない。

こんなドライバーに一言言いたい。

危険なのはアンタだけじゃない!後ろの車も危ないんだ!

 

第5位 車間距離狭すぎ

何故か車間距離がいつも狭い車。煽り運転と違う点は、意識してやっていないこと。ある意味、超危険ドライバー。

磁石のS極とN極が引き合うが如く、いつもくっつこうとする。

正直、キモい!キモすぎる・・・

 

前にいると、追突を避けるため、止まるときは普段よりも早めのブレーキを心掛ける必要があり。

ゆえに普段より運転に疲れてしまう。

人に余計な負担をかけさせるなよ!

 

第4位 トンネルでヘッドライトを点灯しない

意外に多い、トンネルでもヘッドライトを点灯させないヤツ。自分は見えているから点灯させる必要は無いと考えるのか、ただ単に点け忘れなのか。

どちらにせよ、周りの車からすれば

オメーの車が見えないから、危ないんだよ!

と全員思っている。

アンタが事故るのは勝手だが、こっちはゴメンなんだ!

 

第3位 車線はみ出し

カーブのたびにセンターラインをはみ出して、対向車線に入ってくるバカ。

峠を攻めているつもりか?

その割にはスピードが遅いのは気のせいか・・・

本当の理由は運転技術が未熟なだけ。まずは真ん中を走れるように練習してから、公道を走ってほしい。

 

第2位 タバコのポイ捨て

走行中、タバコをポイ捨てする生粋のバカ

信号待ちの最中にに堂々と捨てる信じられないバカも存在する。窓を全開にし、外へ向けて腕を垂らしたらポイ捨てする合図。

車内の後部座席は、タバコの灰で汚れまくっているが特徴。まぁ、乗せるような人がいないから関係ないんだろうが(笑)

ポイ捨てしたタバコが、リア窓から車内に入ればいいのに!

とみんな思っている。

 

第1位 煽り運転

社会の敗北者。犯罪者。ゴミ。めったに見ないが、現れたときのインパクトは絶大。

絶対に諦めない心の持ち主と思われがちだが、これまでの人生は諦めまくり(笑)

アクセルを抜いたら負け!と必死だが、お前は既に負けている。

 

彼らにも美学があり、自分の車より高級車、速い車には手を出さない。

これ以上負けたくない心が強すぎるのだろう。煽り運転するぐらいの集中力や、粘り強さを他の事にぶつければ、もう少しマシな人生だったかもしれない・・・

希少種だと思われていたが、最近ドライブレコーダーの普及でそうでもないことが判明。

 

まとめ

いかがでしたか?

ざっと思いついただけでも、結構あるものです。

どれも特別な運転技術が求められている訳ではありません。他人に迷惑をかけないように運転すれば、解決するものばかりです。

当然のことを、当然にやるだけ・・・なんですがねぇ。