【FX手法】スキャルで勝てるエントリーポイントを画像付きで解説!動きが強い場合の注意点は?

FX 手法
スポンサーリンク

はじめに

今回の記事は、順張りスキャルピングにおける勝てるエントリーポイントについて解説します。

私のスキャルピングのやり方は以下の記事に書いた通りですが、今回は具体的な事例を挙げて説明したいと思います。

 

前提として、狙う相場環境は以下の通りです。

  • 強い動意が発生(第1波)
  • 底値(または高値)をつけたものの、相場が落ち着かない(動きが強い)
  • 底値をブレイクしそうな動き

一旦つけた底値をブレイクする動きを、スキャルピングを使って利益を狙いにいきます。動意の第2波を狙う方法ですね。

これを踏まえた上で、スキャルピングで勝てるエントリーポイントの解説をします。

  • 使う手法はスキャルピング
  • 動意の第2波を狙う
  • ブレイク狙い
  • ブレイク前の動きが強い
  • 狙うべきエントリーポイントはどこか?

 

あわせて読みたい

動意の第二波を狙うケースとして、ブレイク前の動きが緩やかな場合もあります。

このとき、狙うべきエントリーポイントは変わります。

このことは以下の記事にまとめましたので、あわせてご覧下さい。

【FX手法】スキャルで勝てるエントリーポイントを画像付きで解説!動きが緩やかな場合の対処法!
順張りスキャルピングにおいて、緩やかな動きからブレイクするときの狙い方について記事にしました。ポイントはブレイク後にエントリーすることですが、その考え方や理由を詳しく解説します。

 

勝てるエントリーポイントはここだ!

スキャルピングでブレイクを狙ったエントリー方法は、

  • ブレイク後にエントリー
  • ブレイク直前にエントリー

に分けられます。

この場合、勝てるエントリーポイントは『ブレイク前』です。理由はリスクをできるだけ低くできるからです。

ブレイク前後の相場の動きを3パターンに分けて説明します。

※クリックで拡大します

ブレイク後に強い動意が発生する場合

① 底値をつけた後、急激な動き(動きが強い)からブレイクポイントに近づき、そのまま一気にブレイクして第2波が発生する場合。

上図の①です。

ブレイク後に第2波が狙い通り発生しているので、スキャルピングでは最高の結果になります。

 

ブレイク後に強い動意(第2波)が発生しない場合

② 底値をつけた後、急激な動き(動きが強い)からブレイクポイントに近づき、そのままブレイクしたものの第2波が発生せず、逆行してしまう場合。

上図の②です。

ブレイクした方向へ伸びないパターンで、ストップ狩りのような動きですね。

ブレイク前の動きが強いことから、元のレートに戻るスピードが速いことが多く、非常に危険なパターンと言えます。

 

ブレイク前にエントリーしていれば、ブレイク後の動意が発生しないことを根拠として、すぐに決済すれば損失は少なく済み、場合によっては微益になるでしょう。

しかしブレイク後にエントリーしてしまうと、戻るスピードが速いので損失が大きくなってしまいます。

順張りスキャルにとって、この動きは非常に危険であり、大きな損失に繋がってしまいます。

 

FX業者によって違いはありますが、エントリー後にすぐ決済しようとしても、数秒間は決済注文を受け付けないシステムを採用している業者がほとんどです。

ですので、すぐ損切りしたくても、システム的に損切りできないんです。わずか数秒とは言え、大きなボラティリティの中では大きくレートが逆行することもあります。

薄利なスキャルピングでは致命的なリスクなんです。

 

もう一つ大きなリスクがあり、それはレートの滑りです。

これもFX業者により差がありますが、ボラティリティがある状況では多かれ少なかれ『レートが滑る』ことは当たり前です。

狙い通りブレイクした後に動意が強まっても、そこからエントリーしてはレートが滑ってしまえば狙った利益は出すことが難しくなります。

 

ブレイク直前で逆行する場合

③ 底値をつけた後、急激な動き(動きが強い)からブレイクポイントに近づき、ブレイク直前で逆行してしまう場合。

上図の③です。

ブレイクポイント手前で逆行してしまうパターンで、為替相場ではよくあることです。

この動きが、ブレイク前にエントリーする最大のデメリットとなります。

 

しかし、これはたいしたリスクではありません

理由は、第一波で動意があり、かつ動きが落ち着かない状況で、第二波も同じ向きに動意を持ち始めたわけですから、ブレイクに向かう可能性は高いと考えられることです。

仮にブレイクしなくても、ブレイクに向かってくれればエントリーから決済までの時間を確保できますし、すくない損失で済む(場合によっては微益)ことも多いんです。

 

これらのことを考慮すると、リスクをできるだけ低くできるエントリーポイントは『ブレイク前』となり、これが勝てるエントリーポイントなのです。
スポンサーリンク

 

画像付き実践解説

2018年1月10日に私がやったスキャルピングトレードを例に挙げて、実践解説したいと思います。

下の画像は2018年1月10日のドル円チャートで、左側が1分足チャート、右側が5分足のチャートです。

※クリックで拡大します

エントリーまでの相場環境

エントリーまでの大まかな流れは以下の通りです。

  • 東京時間に下落動意があった。
  • 11時から欧州時間まで緩やかな動き
  • 15時30分から下落動意が発生し東京時間の安値を更新
  • 一旦緩やかな動きになるが、さらに安値更新。
  • 動きが強い状態を保ち、さらにブレイクに向かう・・・

111.98という動意が発生しやすいポイントで一旦反転していました。

ですので、再度ここを割るような動きがあれば、それなりに強い動きが期待できると考えていました。

 

狙ったエントリーポイント

狙いは、下ひげをつけた112.02~111.98の間でエントリーすることです。

ポイントは先程説明した『ブレイク前にエントリーすること』です(下図参照)。

※クリックで拡大します

一瞬だけ112を割り、すぐに112.08辺りまで戻ったドル円ですが、強い動きを持ってブレイクへ向かっています。

下落動意時の『逆N字』、上昇動意時の『N字』の動きは、順張りスキャルピングにとって絶好のチャンスです。

狙いは112.02~111.98の間でエントリーですが、このレート以下でエントリーしてしまうと、逆行すれば大損のリスクがあります。

そして、思惑通り動いてもレートが滑り、狙った利益が出せないリスクもあるのです。

 

トレード結果

< ショートでエントリー >

エントリーレート:112.013

決済レート:111.945

損益結果:+6.8 [pips]

スポンサーリンク

 

まとめ

以上のことをまとめます。

 

  • 強い動きからブレイクを狙う場合は、ブレイク前にエントリーすることを心がける。
  • 理由①→逆行したときの大損リスクを減らすため。
  • 理由②→レートの滑り対策

今回ご紹介した相場環境は、スキャルピングにとって大チャンスです。

しかし、やり方を間違うと大損するリスクも抱えていることも事実なんです。

100%リスクを避けられる訳ではありませんが、出来るだけ負けトレードの損失を小さくすれば、自然と利大損小になるはずです。